母の存在

f0041773_21191777.jpg

最も身近な存在で一番大好きな人。そして、多分、一番うっとおしい存在、それがお母ちゃんなんじゃないかという気がします。私もたろうのことは大好きだけど、いないとのびのびできます。多分たろうも同じだろうなぁと思うのです。

私が仕事を始めるのを、むしろ喜んでいる節のあるたろう。初めて学校へ行く日の朝は玄関まで見送りに来て「お母ちゃん、忘れ物な〜い?」と言ってくれました。まめも平気そうです。私のおっぱいも朝から夕方まで痛くなったりしこりができたりせずにもちました。よし、すべて順調!

あ、そうだ。いきなり子供二人の面倒をみることになった夫、彼の心身が一番心配。幼稚園の先生もママ友も一番心配してくれているのは夫のことで。。。

だけど今のところ私の見る限り、なんというかはりきって育児しているというか、楽しんでいるというか、けっこういい感じ?なんじゃないかしら。あれ?もしかして、夫も清々してたりして?いやぁ〜、ま、それもあるね。あれこれ指図されずに自分のやりたいようにできるんやから。やっぱりすべて順調?!
[PR]
by mizu-kusa | 2009-04-14 21:56 | 母は思った
<< サイのニオイ スーツでベビーカー >>