上の子も下の子も

f0041773_22374526.jpg

ああ、多分に趣味的な「すーちゃんのトイレ」にかまけていたなぁと反省。やっぱりおむつなし育児なんて無理だよなぁ。世間では「下の子より上の子をかまえ」と言われているし。

しかし、もとい、と母は思った。
たろうの時もまめの時も布おむつにトライして挫折してきたわたくしですが、だからって紙おむつに納得しているわけではない。すーちゃんの放尿を目の当たりにして、胸のつかえが下りたというか、あのすっきり感こそ、私が求めていたものなのではないか?これから先、約24時間×365日×2年、紙おむつつけっぱなしってどーよー?たった一週間の生理中のナプキンでさえ、一日でも早く解放されたいと思うじゃないですか。
おしっこは、勢いよく外へ飛ばしてなんぼやないか!

いやいや、待て待て。私が言いたかったのはそうでなくってだな、そもそもおむつなし育児が素敵だと思ったのは、母が赤ん坊の尿意を察知できるほどに母子の絆が強まるというところであった。ああ、私もそのように赤ん坊の気持ちにより添いたいと思ったのです。

で、そう思ってすずを眺めるようになって、じゃあ下の子重視になったかというとそうではないのです。言葉がしゃべれない赤ちゃんの気持ちを察してやりたい、と思うようになり、それがまだ生まれて3年のまめ、6年のたろうについても、同じように気持ちを汲んでやりたいと思うようになりました。

3歳のまめは時々、ただわんわん泣いて泣いてしょうがないときがあります。

言葉でうまく説明できないから、自分でもわからないから、泣く。感情が溢れてどうしようもないから泣くのでせう。そんなとき、優しく抱っこして、まめの気持ちをわかってやりたい、とこちらが思えば、おとなしく抱っこされて涙はすぐにおさまっていくのです。

なのに、今までの私は、まめが泣いたら、まず心の中に「だーっ!またこのややこしいときに泣き出したよ」とか「なんでそれくらいで泣くねん」「眠いからやろ。はよねえや」などというマイナスの感情がわっと出てきたのです。

ちょっとはかわいそうだと思うけど、それよりうっとおしいと思う気持ちの方が強い。(鬼母?)「まめちゃんどうしたん?」なんて穏やかに言っても、基本そういう気持ちで接するからなかなか泣き止まなかったんじゃなかろうか。

なーんか当たり前のこと書いてるなぁ。育児6年目とはとても思えない。何なんでしょうこの情けなさ。でも、実際そうなんだからしょうがないなぁ。

泣いてぐずってるとき、子供らの気持ちにより添ってやりたい、と思って、子供らを見る。ただ、そういう風に心がけただけで、私も子供らも心落ち着いてゆく。なあんだ、そんなことか。と、思うようなことに、今更しみじみと思い至る秋の夜長でありました。
[PR]
by mizu-kusa | 2010-10-31 23:34 | 母は思った
<< たっぷり おむつなし育児 >>