荷物持ち

f0041773_13453562.jpg

たろうは、一緒に帰る同じ組の仲良しの男の子に、いつも荷物を持たされていたらしい。たろうに聞くと、事実であることを認めた。

「嫌じゃないの?」
「いや」
「じゃあなんで持つの?」
「持ってって言われるから」
「たろうは嫌やけど、持ってあげんの?」
「持ってって言われるから。持たなあかんねん!」

嫌なことは嫌とはっきり言わないと相手に伝わらないよ、と教えました。

実は、たろうは、ひとりでよう帰って来れないのです。不安で不安でたまらなくて、ひとりでは、よう帰って来れないのです。月から木は、Kくんたちだけでなく、近所の小2の女の子と一緒に帰ってもらうようにしています。金曜日は1年生だけなので、Kくんの家までは一緒に帰って来れるけど、そこから家まではKくん(小1)が送って来てくれるのです。それはKくんに悪いので、私かおじいちゃんが迎えに行くことにしています。

やっと1学期も終わり、というときになって、初めて一度だけKくんのうちからひとりで帰って来れました。私も担任の先生もみんなでやったやったと褒めました。

ところで、荷物持ちの件ですが、いじめの萌芽?と思って私も動揺しました。でも、Kくんはたろうを送って来てくれる優しい面がある。正直、自分がたろうと同じ小学生になって、たろうを守ってやりたいと思いました。

翌日、その近所の小2の女の子(Aちゃん)はKくんに言いました。「人に荷物持たされるのがどんな気持ちになるか、いっぺん持ってみぃ」たろうとAちゃんの荷物を持たせました。すると、Kくんは二人の荷物を道に置いて「じゃあねーバイバーイ」と言ってひとりで帰って行ったそうです。ふだんはAちゃんに「ひとりではよう帰らん」と言っていたのに。

その日から、Aちゃんとふたりで帰って来ることが多くなりました。荷物持ちの件はちょうど懇談の前だったので、担任の先生にも言っておきました。たろうも何も言わないので、解決したのかなぁと勝手に思っていたのですが、さっき寝る前にたろうに確認したら、まだKくんと帰るときは荷物を持たされているらしい。たろうは「いやだ」と言えていないそうな。

しまったなぁ〜。フォローが甘かった。この件は2学期に持ち越しです。
[PR]
by mizu-kusa | 2011-07-21 21:46 | とほほ育児
<< アスペルガー症候群 初めての懇談 >>