カテゴリ:自然療法( 1 )

おまじない

f0041773_20501577.jpg

友人が自然療法の本を貸してくれまして、まめじの咳を治すのにいろいろやってみました。

オイルマッサージはその本とは関係なく、我流ですので、まさにおまじないです。ラヴィンサラ(ラベンサラ)は免疫力を高めてくれるオイルだそうです。

その2〜番外編は、東城百合子著「家庭で出来る自然療法」にならったものです。

お母ちゃんのおまじない、効いたんでしょうか?まめちゃんの咳はすっかり治まりました。(あ、あと我が家では毎日ビワの葉茶飲んでます)

たろうの結膜炎は眼科に行って目薬さしたらすぐ治りました。その効果とお手軽さに拍子抜けするくらい。

自然療法は、はっきりいって結構面倒くさい!です。そして効果のほどもよくわからない。信じる力や根気よさが私には足りないのです。(疑いの気持ちがおまじないというネーミングに現れてるでしょ?)それと、自然への感謝の気持ちや生かされている有り難さ、そんな思いも大切だと本には書いてありました。なかなかそんな境地にはたどり着けない私。

だけど、手当てをしている間、心は確実に子供に向いている。そして薬には頼らないでやってみよう、という気持ちが、子供の様子を観察する目を養ってくれる。そして、こんなふうに医者に行かずにすんだら、ちょびっと自信がつく。

今はまだ「おまじない」でもいいんだ、と自分で思う。「お母ちゃんがおまじないで治してあげる」そんな気持ちが子供の自然治癒力を高めるのかもしれない、なあんて思ってみたりしました。
[PR]
by mizu-kusa | 2008-11-30 12:19 | 自然療法