カテゴリ:高校生と私( 5 )

いるだけ保健部員

f0041773_9435947.jpg

f0041773_9443447.jpg

へへ。いるだけ保健部員なわたくし。
[PR]
by mizu-kusa | 2013-07-31 17:41 | 高校生と私

最後の授業

f0041773_21301270.jpg

立ち会うと言ったKくんのはなむけ(?)の言葉。「先生、4人目は俺と作ろうなー!」「はぁ。どうもありがとう」なんて変な返答をしてしまった私。セクハラ発言が日常化し、完全に感覚が麻痺してしまったのか?

Kくんは妊娠がばれたときに「妊娠してるんやったら俺とやろうやー」と言った彼。避妊しなくていいからか^^;とそんときは思いましたが、今回は父親にならなくていいからか、とはとっさに思えず、まぁそんなこと言ってくれるなんてありがたいねぇと素直に思ってしまいました。「やろう」より「作ろう」の方が建設的でいいなぁとか(やっぱり感覚おかしくなってる)。

Kくんはやんちゃだけど、ここぞというときに一番私の気持ちをわかってくれて反応してくれたとても敏感で心優しい子。最後の授業はほとんど一言も私語をせず、質問には答え、他の子には「静かにしろや!最後の授業やぞ!」ってマジで怒ってくれた。

やんちゃ一番のIくんは「俺も立ち会う!生まれてきたらお父さんやで〜って言って一番に抱っこするわ」(って刷り込みかいっ!)って言ってた。彼も私の気持ちをわかってくれてる、伝わってるって私も思う。だけど、彼は最後の授業でもしゃべっちゃうんだなぁ。できないんだなぁ。そこがまた彼らしくていいなぁと思う。

最後だからってみんなしーんと真面目に授業を聞くかということそんなことは決してなく、私も最後の最後でブチ切れたし、そういううまくいかなさがまたいいなぁと思うのです。

短かったけど濃かった一年。彼らが愛しくてたまらなかった一年。余計なものをどんどん取り除いていったあとの心の真ん中にあるあったかい気持ちを見せ合えたこと、あ、つながった、と思えた瞬間があったこと、それが何よりの宝物。みんな、心からありがとう。。。(まだ学年末考査が残ってる。みんな進級しろよ〜)
[PR]
by mizu-kusa | 2010-02-24 22:46 | 高校生と私

甘えん坊教師

f0041773_22283681.jpg

またしても下ネタですんません。
だって授業のたびにこの調子なんだも〜ん><

ところで、この発言をしたIくんと今日ちょいと衝突しました。授業中あまりにもうるさいのでまじで怒ったら、逆ギレされました。「授業の後でちょっと話しよう」と言ったら、もう鞄抱えて無視して帰る勢いで、彼の友人のやんちゃだけどようわかってるKくんがとりなしてくれて、Iくんとふたりきりで向き合いました。

そしたらなんだか泣けてきて(またかいな)「あんたのこと好きやねん。わかってるやろお〜ずずーっ」って、呼び出して何告白してるんだか。だけど、「授業中は静かにしよう」とか、もうそういう当たり前のこと言えなくて。彼だって頭ではわかってるんだけどできないんだもん。

最近生徒に対して言うべきことがすべてそこに集約されてしまうのです。いくら悩んで考えてみたって、涙と一緒に溢れる思いはそれしかない。だから何だ?と自分でも思う。それがどうした?と自分でも思う。だけどいつのまにかお説教ができなくなってしまった。。。

集団生活になじめない子は叩いて叩いておとなしくさせる、というのはどうなんだろう。もちろんそこに先生の愛情があるのはわかる。ちゃんとしておかないと社会に出たときに本人が困る、とか。だけどたとえばIくんのように、いくら叩いてもひねくれていくだけで、生徒指導室に行くことが警察にしょっぴかれるような感覚になってしまっている場合どうしたらいいんだろう?

私の授業は騒がしくて、やんちゃ坊主を放り出さないから、いつもまじめな子に我慢してもらってる授業なのです。私もやんちゃ組もみんなまじめな子に甘えているのです。それがいいとは思えない。だけど、私はやんちゃ坊主を排除してそれで解決ではないということを、共存していくにはどうしたらいいかと私が悩んでいることを、まじめな子にも伝えたい。

Iくんと話した後、Kくんに「大丈夫、大丈夫。先生、あいつちゃんと先生の気持ちわかってるから、大丈夫」と慰められて(どっちが教師や?)また泣けてきたら、まじめな女の子がそれを見て「先生、大丈夫〜?」と寄ってきました。

私が「いつも授業うるさくてごめんな」って言ったら、ひとりの子が「先生、ああいうヤツはもうあきらめたらええねん」と言いました。そしたらもうひとりのまじめな女の子が「教師があきらめたらあかんやろ。まぁIくんだって悪いとこばっかりちゃうし」と言いました。

私は彼女の最後の言葉が嬉しかった。Kくんの気持ちも嬉しかった。子供らはやっぱり素敵やな〜と思った。こんなにも素直に私の気持ちを受け取ってくれるってすごい。もうこの「伝わってる」感が本当に嬉しい。

こうやって子供らに甘やかされて、私はどんどん甘えん坊教師になってゆくのだなぁ(ええんかいな)。。。こんな彼らにやっぱりお説教なんてできないよなぁ(ええんかいな)。。。やっぱり、大好きとありがとうしか言うことないよなぁ(それはまあええやろ)。。。
[PR]
by mizu-kusa | 2010-02-10 23:43 | 高校生と私

高校生の反応

f0041773_1782739.jpg

この発言をしたI くんは、その後私のお腹に向かって手を振り、「お父さんだよ〜♪」というので「ちゃうからっ!」とまるでコントのネタかいっということを毎回授業のたびにやらされております。

1年男子Nくんの反応。
「先生、いつの間に〜っ!まず俺に報告やろー」
なんでやねんっ。

2年男子Uくんの反応。
「先生、生まれたら一番に俺に抱っこさせてな」
だからなんでっ?!

2年男子Mくん。
「先生、いまの時間子供の名前決めようや〜!」
だからなんで〜っ?
Oくん「俺らが決めることちゃうやろっ!」
しかも授業中にな。

一番返事に窮したリアクションだったのはやんちゃいちばんの一年男子Kくん。
「先生〜、妊娠してんねやったら俺とやろうやー!」

セクハラ?いやいや、うら若き男子にそんなこと言ってもらえるなんて光栄?っちゅーかおめーは誰でもええんかいっ!(おわかりとは思いますが、彼がこう言ったのは妊娠の心配がないからです。念のため)

それにしても男子が学校でセクハラ的発言をするのをちょこちょこ耳にするのが気になります。最近はずいぶんおおっぴらになったものですなぁ。

セクシャルな発言がハラスメントになるか否かは両者の人間関係に寄るところが大きいかと思いますが、発言者のキャラも関係しているような。。。将来セクシャルな発言をしても「やらしいおっさん」ではなく「かわいいおっちゃん」と思われるようになってほしいもんです。ん?いやいや、違った。みんな「かっこいいおじさん」になるのだぞ!男子諸君!

ちなみにうちは男子校ではありません。女子の反応はしごくまっとうで(当たり前?)ネタにならなかっただけでございます。なは。
[PR]
by mizu-kusa | 2010-02-06 17:31 | 高校生と私

泣かされました

f0041773_22234777.jpg

子供ってどこまでも癒してくれる存在なのですね〜。

ちなみに悩み事は、、、授業中に生徒の前で泣いてしまったら(恥ずかしい!)、解決ではないんだけど、スッキリしました。ただでさえ騒がしいクラス、ゆる〜い細ちっこい私の授業では、そらもう騒がしいのなんの。「まじめな子がかわいそうだから静かにしなさい!」という話になるはずだったのに、なぜか「まじめな子もやんちゃな子も好きやねん」という話になってしまい。。。

本当にまったくまとまりもなく、説教にももちろんならず、ただの心情の吐露でした。それをまた生徒が温かく聞いてくれるわけですよ。「先生、そんなに悩むことないで」って慰めてくれるんです。いやいや、悩ましてんのあんたらやから。

泣いてしまったのは、悩まされたからではありません。

さあ、今日はいっぺん話してみようかなと思って「あのさ〜」って私が切り出したら、もうその一言だけで空気読んでくれたんですね、一番やんちゃな男の子が。いや、そういう子だってわかってました。だから、騒がしくても憎めなかったし、あまり怒りもしなかったんです。

彼が「うん、先生、何なに?」ってまじめな態度で聞いてくるんです。
「あのさ〜、一昨日ちょっと凹んだことがあってな〜」と言ったら、ナンバーツーの男の子が「うんうん、どうしたん?ゆうてみぃ。さあ、心を開いて!(もちろんふざけてる)」もうここで私あきませんでした。アホです。

「開いてるよ〜。私はいっつもみんなに心開いてるよ〜」って泣いてしまいました。

見事に全員黙って私の気持ちを受け止めてくれました。ここは保健室か?生徒はセラピストか?ってくらいに。私はいったい何をしてるんでしょう?

一晩眠れなかったんです。

圧力に屈するのではなく、外から押しつけられるのでもなく、本当に本人の自由な意志でその場にふさわしい行動を選択して実行してもらいたい。

そのためには、どんな風に話したらいいのか伝えたらいいのか考え続けたんです。だけど堂々巡りで、考えてるうちに、なぜか生徒が好きだという自分の気持ちを何度も確認するだけになってしまい、結局朝になっても何を話したらいいのか結論がでませんでした。まとまらないまま教壇に立って、まとまらないまま切り出した。

「騒がしいクラスをどうしたらいいだろう?」私は自分で自覚していた以上に悩んでいたみたいです。そして悩みのタネである張本人に聞いてもらって慰めてもらってる。こりゃいったい何なのだ?

生徒には何が伝わっただろう?きっと私の丸裸の心。ただそれだけ。そして私が受け取ったものは、みんなの驚くばかりの温かさ。

本日の授業は「先生の悩み相談でした!」みんな、聞いてくれてありがとう。素晴らしいリアクションありがとう。やっぱり子供は癒してくれる存在なんやな〜。(ってそういうオチ?っていうか、な〜んか2児の母とは思えないほど私、成長してない。。。)
[PR]
by mizu-kusa | 2009-09-18 23:59 | 高校生と私