<   2008年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

さよならおっぱい

f0041773_22341880.jpg

まめじの熱は5日めの晩やっと下がりました。口内炎もだいぶましになったようで、いろんなものをがつがつ食べ始めています。

でも、おっぱいだけは、「飲む?痛くないよ。大丈夫。飲んでごらん」って服をめくって見せても、首を横に振り、自分で私の服を引っ張っておっぱいを隠してしまうのです。

眠くてすごく泣いているときも、おっぱいはイヤイヤで、私にしがみつき、立って抱っこしてくれとせがみます。

順風満帆だったまめじとのおっぱいライフが、よもやこんな形で突然終わりを迎えることになろうとは、思ってもみませんでした。まだ1歳2ヶ月。たろうの卒乳より一年も早い。

もう飲まないだろうってわかってる。だけど、口内炎が完治したらもしかして、、、という思いが捨てきれない。夜中に何度も起きて牛乳を飲むまめじを見てると、まだおっぱい必要なんじゃないの?って思うから。

本当にいいの?本当にこれで終わりなのかな。きっとこれがまめちゃんの卒乳なんだよね。わかってる。うん。わかってるんだ。だけど、お母ちゃんの方が、、、卒業できないんだよ、まだ今は。待っててね、まめちゃん。大丈夫。すぐに追いつくから。大丈夫。。。
[PR]
by mizu-kusa | 2008-06-29 22:54 | おっぱい育児

まめネコ

f0041773_21361074.jpg

おっぱいが飲めないかわりに、牛乳をよく飲んでます。
そばちょこみたいな小さいカップでぴちゃぴちゃ。
自分の手では持たないんです。子猫みたいでかわいいの。

口内炎が触れると痛いし、しみるので、まめの主食は牛乳&アイス。あとはお茶、プリンなんかもちょこっと。ふだんみそ汁も飲まないまめじだから、野菜スープなんぞ作ってみても多分ダメかな、と、お手軽に牛乳&アイスのみ。

熱が出て5日目の今日、やっと固形物食べ始めました。口内炎がましになったんだね〜。でも、だからってたろうのミニカーとか口に入れないで。移るから。っていうかきゅうりかじれるんなら、おっぱい飲んでよ!
[PR]
by mizu-kusa | 2008-06-28 21:44 | ほっこり育児

断乳体験

f0041773_15342951.jpg

まめじ(1歳2ヶ月)がヘルペス性口内炎にかかりました。口の中にぽつぽつができ、38度台の熱が火曜日からまる4日間続いています。

口の中が痛いので、水曜日の朝以降、おっぱいが飲めなくなりました。やっと「おっぱい」が言えるようになったのに。。。「おっぱい」と言って私の服をめくってはみるものの、おっぱいを見たら首を横に振っていやいやします。

おっぱいが飲めないので、立って抱っこで寝かしつけ。痛いからか熱があるからか眠りも浅く、置いたら起きて泣きます。夫と交代でがんばるけど、ふたりともへとへとです。

そうこうしているうちに、私のおっぱいは張ってカチカチになり(抱っこでまめじにもたれられるとめちゃ痛い!)、木曜日には私も口内炎ができ、おっぱいの辛さもピーク。金曜日の朝から熱が出て病院に。口内炎のせいか乳腺炎のせいかわからないけど、
助産師さんは多分乳腺炎の熱だと。

まめじの口内炎が治ったらおっぱいを再開したいのですが、とにかく今は飲んでくれないし熱も出てるし、子供の看病もしないといけないので、おっぱいは断乳するときのやり方で母乳の分泌を抑えて自分の体をラクにする方向でいきましょうということになった。

断乳による乳腺炎のときのおっぱいケア
1 粗食。肉、脂っこいものなど高カロリー厳禁。体を温める料理は避ける。
2 入浴はやめる。シャワーのみ。(体を温めないこと)
3 絞り方→乳首は刺激すると母乳の分泌を促すので、乳首はいらわず乳房だけ手のひらでつかんでしぼる
4 冷えピタなどを乳房にはって乳房を冷やす。

熱があるので解熱剤(ロキソニン)も飲んでいます。薬がきれると熱が上がります。
以上のやり方で適宜ラクになるまで絞る。口内炎は1週間〜10日で治るので、それまでこれで乗り切るしかありません。

2歳過ぎまで飲んでいたたろうと同じく、まめじも自然卒乳のつもりだったのに。もしかしたらこのまま口内炎が治っても飲まないもしれないなぁ。

好きなときに好きなだけ飲ませていたから、まめじが欲しがらなければ、断乳でも私に後悔はないけれど。。。

断乳の覚悟半分きめてみた。
[PR]
by mizu-kusa | 2008-06-28 17:06 | おっぱい育児

避難訓練

f0041773_1156173.jpg

子供っていろいろですね。ちなみに、たろうはもちろん避難訓練楽しんで来たみたいです。

そして、Mちゃん火曜日も泣いていました。そろそろ疲れが出て来たのか、最初は平気だった子がここんとこ朝泣いていることがあるみたい。たろうはというと、あいかわらず喜んで行くことはないけれど、観念したようです。

最近お母ちゃんっこで、ついに今朝お父ちゃんとの登園拒否。私が送って行きました。ああ、こんなに育児に協力的な夫なのに、、、もったいない。宝の持ち腐れだよ。(ん?なんか使い方違うか?)「明日はお父ちゃんと行ってあげる!」って言ってたけど。贅沢じゃわいっ!
[PR]
by mizu-kusa | 2008-06-24 12:04 | 母は思った

いっぺんに

f0041773_2222542.jpg

夜寝るときは、たろうにくっついて顔をたろうの方に向けていなくてはなりません。でも、まめじにおっぱいをやらなければなりません。それで、私は仰向けに寝て、まめじはのっかっておっぱいを飲んでいます。

だいたい、たろうが私にべたべたしてくると、まめがすごい勢いでやってきて割って入ろうとします。そして泣きます。でも、たろうが去ると、まめも去ります。嵐は突然やってきて、そして去って行くのです。

今日寝る前にたろうに初めて聞かれました。「たろちゃんとまめちゃんとどっちが大好き?」たろちゃんって言ってほしいんだろうか。でも、私はちょっと考えて正直に「どっちも大好き。だってどっちもお母ちゃんのかわいい大事なこどもやもん」と答えました。正直すぎたかな〜うーむ。。。
[PR]
by mizu-kusa | 2008-06-23 22:20 | とほほ育児

反抗期再び?

f0041773_2353787.jpg

このあと、
私「怒ってごめんね」
たろう「うん、いいよ」
で、仲直り。一緒に遊ぶことに、、、おいおい、なんでこうなるんだ?

最近、たろうのダラダラとイヤイヤに、わたくしイライラ。よく怒ってるような気がします。だらだら食いのあげくに食べ物で遊びだしたり、なかなか着替えない、あせもできてるのにお風呂も断固拒否、、、と、もうっ!どうせやらなきゃいけないんだから、ぐだぐだ言わずにちゃっとせえっ!ちゃっと!

ええ、ええ。たろうはかまってほしいんでしょうよ。それでコ憎たらしい作戦に出るのでせう。「まめちゃんかわいい〜♡」オーラが私から出てるからかしら。仕方ないよ〜1歳2ヶ月だもん(しかもあんちゃんに虐げられているというシチュエーション付き)。

たろうのジェラシーと甘えたい気持ちはよくわかるので、まぁそこをフォローしつつ行くしかないっすね。
[PR]
by mizu-kusa | 2008-06-23 01:42 | へんてこ育児

キレキレ

f0041773_20553854.jpg

夫の切り返しって、火に油を注ぐ結果になることもあるけど、こんな風に意外にまるくおさまることもあります。(今回は夫も「ちゃうやろー!」ってたろうに突っ込まれると思っていたらしい)

っていうかこの父子のセンス、私には理解しがたいことがあるけど、ふたりは合っているみたいですね。異性だからかたろうだからかわかんないけど、成長するに従って、私にはたろうのことがよくわからなくなってきました。。。きっと夫の方がこの先たろうのよき理解者になるに相違ない。任せたよ!
[PR]
by mizu-kusa | 2008-06-19 21:08 | あはは育児

登園拒否第2期?

f0041773_21283254.jpg

「いっぱい行ったから疲れた」っていう表現が、あまりにわかりやすくて、えらい納得してしまいました。(結局行かせましたが)

それにしても、曜日感覚もあまりわかっていないたろう。あと一日いけばお休みだ、とかいう目安も持てず、一体いつまで幼稚園行くねん?と思っているのかなぁ。

幼稚園では、子供を飽きさせないようにするためなのかどうかわかりませんが、次から次へといろんな遊びがあって、やることがいっぱい。一つの遊びを延々続けるタイプのたろうは、そのペースにあわせるのがしんどいのかなぁ、と思ってみたり。その遊びを続けたい子はそのまま飽きるまで遊んでていいっていう自由さがあってもいいんじゃないかと思うのですが。

蒸し暑くなってきたので、そろそろ疲れも出てきたのでしょう。かくいう私も、今日はお迎えに行って、たろうの席の後ろに座り、振り向いたたろうににっこり微笑みかけてから、ふと着ている制服のワッペンを見て「ウルトラマン?たろうのワッペンはクレーン車のはず」しばし???間違えた!!たろうちゃうやん!こんな至近距離で我が子を間違えるなんて。。。
[PR]
by mizu-kusa | 2008-06-18 21:59 | 母は思った

Hくんのお母さん

f0041773_13124538.jpg

幼稚園に入って、ちょっと浮いてるように見えるHくんのこと、お母さんも気になってたのかもしれない。私の一言で、泣いてしまうなんて、お母さんはなんて孤独な育児という戦いをこうもがんばってこなくちゃいけなかったのか?って思う。

学級懇談会で、Hくんのお母さんが「いつも一緒に遊んでいて、『次何して遊ぶ?お母さん考えて』と言われるのがしんどい。どうしたらいいか」と質問した。先生が「Hくんにしたらずっとそれできてて、4年間の積み重ねだから、一日や二日でそれはなおらない。少しずつ、自分で考えるように持って行きましょう」と言った。

それってちょっと今までの4年間を否定されたように感じませんか?私はフォローしたかった。Hくんのお母さんは本当にずっとHくんと一緒に遊んで来て、幼稚園でする工作やなんかもみんなお母さんと体験済み。なるほど上手なわけです。どのお母さんも「よくそんなにつきあえますね、うちはもっと放ったらかしです」という。

かまい過ぎだから依存心が強くなる?そりゃそうでしょう。そうかもしれない。だけど、多分Hくんのお母さんは、子供の「一緒に遊んでほしい」という欲求を受け入れてきただけ。

「Hがしたいと思うことをさせて、やりたくないことは無理にさせへんかってん。水たまりに寝転んでびちゃびちゃやってるのを30分眺めてたこともある」

ほかのお母さんが子供をかなりほったらかしにしていることにもちょっとびっくりしたようで、

「私は関わりたいねん。だってもったいないやん。せっかく自分の子供を持てたのに」

迷い悩みながら、一生懸命子供と自分自身と向き合って子育てしている人には、あなたのやり方は間違っていない、と言ってあげたい。育児で悩むお母さんには、具体的な何かいいアドバイスより、本当は「お母さん、今まで頑張って来ましたね。それでいいんです。そのままで」って言うだけで、悩みは解消するのかもしれないなぁ〜。
[PR]
by mizu-kusa | 2008-06-16 17:20 | 母は思った

たわいない

f0041773_1402098.jpg

お酒は飲めないんですが、夏のビールはおいしそうに見えます。
それで、暑くなって来たら、ビールのかわりに炭酸水。
ぐびっきゅーっぷひゃあーっうめぇ!!
我が家では炭酸水のことを「お母ちゃんビール」と呼んでます。
[PR]
by mizu-kusa | 2008-06-14 14:02 | ほっこり育児