<   2008年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

おまじない

f0041773_20501577.jpg

友人が自然療法の本を貸してくれまして、まめじの咳を治すのにいろいろやってみました。

オイルマッサージはその本とは関係なく、我流ですので、まさにおまじないです。ラヴィンサラ(ラベンサラ)は免疫力を高めてくれるオイルだそうです。

その2〜番外編は、東城百合子著「家庭で出来る自然療法」にならったものです。

お母ちゃんのおまじない、効いたんでしょうか?まめちゃんの咳はすっかり治まりました。(あ、あと我が家では毎日ビワの葉茶飲んでます)

たろうの結膜炎は眼科に行って目薬さしたらすぐ治りました。その効果とお手軽さに拍子抜けするくらい。

自然療法は、はっきりいって結構面倒くさい!です。そして効果のほどもよくわからない。信じる力や根気よさが私には足りないのです。(疑いの気持ちがおまじないというネーミングに現れてるでしょ?)それと、自然への感謝の気持ちや生かされている有り難さ、そんな思いも大切だと本には書いてありました。なかなかそんな境地にはたどり着けない私。

だけど、手当てをしている間、心は確実に子供に向いている。そして薬には頼らないでやってみよう、という気持ちが、子供の様子を観察する目を養ってくれる。そして、こんなふうに医者に行かずにすんだら、ちょびっと自信がつく。

今はまだ「おまじない」でもいいんだ、と自分で思う。「お母ちゃんがおまじないで治してあげる」そんな気持ちが子供の自然治癒力を高めるのかもしれない、なあんて思ってみたりしました。
[PR]
by mizu-kusa | 2008-11-30 12:19 | 自然療法

おでんとたろう

f0041773_13594591.jpg

たろうはお腹がすいててもぎりぎりまで遊んでいます。「食べるよ」「食べようよ」って誘っても無心にお絵描きしています。

「まだお腹すいてないのか。おやついっぱい食べたもんな」な〜んて気を許していると、突然「食べる!」と言ってお絵描き机のスタンドをパチン!と消してスタスタちょこんと席に着いてる。あわてて盛りつけ始めると、今回のように食卓はドタバタになってしまうのです。

作った方としては、やはりあったかいうちに、おいしいうちに、食べさせたいと思うじゃないですか。盛りつけるタイミングが難しいのです。
[PR]
by mizu-kusa | 2008-11-26 14:23 | あはは育児

遠足の絵

f0041773_16472686.jpg

行き帰りのバスの中、水族館でもおおはしゃぎで先生に叱られたそうです。
先生曰く「はじけてきましたよ〜」内心喜ぶ母。そうそう、先生の言いつけ守れないくらいでちょうどいいのだ!
ちなみに、幼稚園では一応お魚の絵を描いたそうです。
[PR]
by mizu-kusa | 2008-11-19 16:50 | あはは育児

鼻水を吸う

f0041773_21295387.jpg

おっぱいのしこりがましになったと思ったら、今度は、まめの鼻水と咳が悪化しました。

病院でもらった抗生剤、咳止めシロップ、ことごとくめちゃくちゃ嫌がります。シャーベットに混ぜて成功しても3回もすれば、察しがついてシャーベットを嫌がります。粉薬をねったものを指につけてほおの内側にさっと塗ると、「おえーっ」と涙目になって吐きそうになります。

乳腺炎を心配して、友人が自然療法の本を郵便受けに入れてくれていました。それを読みながら乳腺炎になる前、食事が乱れていたなぁ〜と思いました。おっぱいの手入れも、前は里芋湿布とかやっていたのに、今回は冷えピタですませていました。まめやたろうの咳も、病院でお薬もらったから、とレンコン葛湯作るのさぼってました。今回の咳になる前、2回ほどまめはレンコン葛湯で自然に咳が治まっていたという経緯があるのに。

まめがこんなに薬を嫌がるのも、友人が自然療法の本を貸してくれたのも、自然に沿った丁寧な手当をしなさいよ〜患部だけでなく体全体、ひいては生活全体を見直しなさいよ〜という、自然からのメッセージなのかしらねぇ〜なーんて思いながら、今日は久しぶりにレンコンすりすりしました。薬は嫌がるけど、レンコン葛湯とビワの葉茶は喜んで飲むまめなのであった。

追記:薬の副作用なんだろうけど、おしっこが赤くなったり、お腹ゆるくなったり、気になります。ほんとにこれでいいのかなぁ。まめには自然療法の方があってるのかも。かといって、病院の薬に頼らず自然療法だけでやる勇気もなく。。。
[PR]
by mizu-kusa | 2008-11-15 21:51 | とほほ育児

しこり解消?

f0041773_20431527.jpg

夕飯時の授乳後、まめちゃんに催促されたので一緒にシャワーを浴びることにしました。

ちょっと絞ってみたら、白班のところから2本の細ーい線がシャーシャーとそれこそシャワーのように出て来まして「お?これは?」と喜び勇んで絞りました。

っていうかですね、白班が出来たところの乳管はてっきり一本だと思っていたのに、2本詰まっていたということですか?白班が出来たところのほかにも細ーい線が一本詰まりかけているんです。そっちの出はかんばしくなかったのですが(もうすぐここは乳口炎になりそうです)、それでも、しこりがかなり小さくなりました。

でも、全体におっぱいがしぼんだというか垂れた(!?)感じがするので、単に分泌が減ってしこりが小さくなったのかもしれません。脇のリンパあたりのしこりはまだ痛むけど、乳房の方は張りも痛みもとれました。はぁひと安心。
[PR]
by mizu-kusa | 2008-11-14 21:08 | おっぱい育児

しこり

f0041773_1955017.jpg

先週乳腺炎で熱を出し、マッサージしてもらって抗生剤飲んで熱は下がったものの、またしこりができました。それが一晩のうちにえらい大きくなってしまって。今日またマッサージしてもらったんですけど、ほとんど取れず。。。

たろうのときも含め授乳歴3年半、初めてです。こんなに大きく、しかも飲んでもらってもマサージしてもらっても治らないしこり。熱や赤みはないのですが、一体このしこり、これからどうなるのかと不安です。

すごく細い乳腺があって、そこが詰まりかけているみたいです。自分で乳首をよじるようにしごいてみたら、うにゅ〜ってチューブから固めの歯磨き粉が出てくるみたいな感じで、固まりかけた乳汁が出て来ました。それが取れると、液状のがにじんできて、しばらく絞るとまたニキビの芯みたいなかたまりかけの乳汁が、という感じで、ひとり風呂場でマッサージにハマッてしまい、思わぬ長風呂になってしまいました。

お風呂場から出てくると、子供らの相手をしていた夫が10歳くらい老けていました。ごめんね〜夕飯前の修羅場にさ〜。しかも「ちゃっとシャワー浴びてくるわ」と言っていた私。こんな私の態度が夫の心にしこりを残したりして〜なあんてことはないよね?
[PR]
by mizu-kusa | 2008-11-13 20:13 | おっぱい育児

クリスマスプレゼント

f0041773_13411991.jpg

幼稚園のキックボードにやっと乗れるようになりました。だから、自転車もそろそろいけるかな?
[PR]
by mizu-kusa | 2008-11-10 14:27 | うふふ育児

恐怖の電話

f0041773_12342922.jpg

たろうの嬉しそうな顔がかわゆくて、ついノッてしまう。でも、仏の顔も三度まで(使い方違うって?)。あんまりしつこいと「かけてへんで」ってしれーっと言い放っちゃう。子供と遊ぶのは自分が楽しめるとこまで、ですよね。ある程度わーっと盛り上がって一緒に遊ぶと、それで気がすむのか、あとはひとりで、またはまめじと遊びだします。

たろうは最近とてもやりやすくなりました。お風呂も素直に入るし、登園拒否もなく、朝の準備もちゃっちゃとできるようになりました。幼稚園では、車好きの男の子と一緒に遊べるようになったみたいです。

もちろん、まだまだお腹すいてたり眠かったり、疲れたりすると、駄々こねたりめちゃくちゃになりますが、こっちが慣れたせいもあるのか親子喧嘩も減りました。今までのてこでも動かん!って頑さが和らいだ感じです。成長したってことなのかなぁ。自然、私も落ち着き、それでたろうも落ち着き、という好循環。家庭平和。いつまで続くか?
[PR]
by mizu-kusa | 2008-11-04 12:49 | とほほ育児

甘酒

f0041773_16201224.jpg

近所の漬け物屋さんで、筆文字で「おいしい甘酒入りました」って書かれていたのです。ずっと気になっていました。試してみたいけれど、子供の頃に飲んだ記憶ではあまりおいしくなかった。でも、これは「おいしい」って書かれている。。。ということで、買ってみました。3〜4杯飲める量で240円。

ショウガの絞り汁も入れて飲んでみました。おいしかった!麹の甘さにびっくりしました。砂糖じゃないのにこんなに甘いなんてー!と思いました。まめじは麹をパクパク。たろうは麹の食感が嫌だというので、漉して飲ませました。ヒットです。クセになりそうです。しかも、ビタミンとかもいろいろ入ってて健康的。

健康、、、何を隠そうわたくし今絶不調なのです。風邪に始まり、頭痛→めまい→白班(乳口炎)→しこり。今はめまいの薬を飲みつつ、しこりはなんとか飲んでもらったからなくなったのですが、乳首の痛みに耐えつつ授乳。ああ〜久々の白班、めっちゃ痛い〜!

ところで、甘酒って、ひな祭りとかに飲むんだから子供も飲んでもいいんですよね?幼児はだめなのかなぁ〜。ってもう飲ませちゃったけど。
[PR]
by mizu-kusa | 2008-11-02 16:38 | こどもと粗食

干し柿

f0041773_2016778.jpg

正解はいわずもがな「リスがどんぐり食べてる」絵だったんですが。
たろうにとっては、どんぐりより干し柿の方が馴染みがあったっちゅうことでせうか。あえて訂正しませんでした。

秋ですね。いい季節ですね。アイスやらジュースやらの誘惑も去り、さつまいもや干し柿や干し芋。自然で優しい味の健康的なおやつが出回る季節です。先日実家に帰ったら、父が作っている干し柿がずらっときれいに干してありまして「いったいここはどんな田舎やねん」と思いました。

たろうはふかしたさつまいもが大好きで、干し柿も大好きで、父のおかげでここんとこ市販のおやつに頼ることなく、っていうか毎日主食みたいなおやつ(芋とおにぎりとか)でお腹も心も満たされている私たちであります。お父ちゃん、ありがとう!
[PR]
by mizu-kusa | 2008-11-01 20:33 | こどもと粗食