<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

心配

f0041773_15583119.jpg

寂しがっているだけだと思ったら、私の心配してくれていたとは。。。ちょっとびっくりです。だって、超マイペースなたろう、「こいつ全然わかっとらん」とよく思っていたのに。そのたろうが、こちらの身をおもんばかれるとは。。。(私の方がわかっとらんって?)

そういや、がんばってたろうを送って行った朝、幼稚園に着いたとたん鼻水が飽和して、ひたすら鼻をかみ続けていました。それを見て「おかあ大丈夫なんやろか?」と思っていたのかなぁ。

「おかあ大丈夫やで〜。すぐ治るで〜」と言ったものの、、、ほんとに鼻がひどい。。。子供のためには自然療法でお手当てがんばれても、自分のこととなると面倒でなかなかできません。
[PR]
by mizu-kusa | 2009-01-28 16:19 | うふふ育児

カウンター?

f0041773_14272893.jpg

冷蔵庫の上、確かに子供には邪魔されないけど、カウンターにしちゃ高すぎないか?夫よ。
(あ、だからニューヨークなの?)

言うこときかないとかそういうレベルじゃないんです。たろうは、もう疲れもピークなときに遊びにハマッちゃうと、ずぇったい譲りませんから。何が何でも食卓はジープ(の屋根)なのです!号泣して地団駄踏んで訴えるのです。

子供ってすごいですよね〜。あの怒り泣き、感情の発露、爆発?大人は絶対抑えますよね〜。

家族といえども何をしてもいいってわけじゃない。親しき仲にも礼儀あり。自分を抑えて我慢することも、家庭平和のために覚えてもらわなきゃいけません。

でも、家庭は、自分の心の底から沸き上がってくる感情をそのまま出せる場でもありたい。まだ子供だもん。自分でも抑えられない感情の爆発を受け入れてくれる家族がいることも大事だよねぇと思ったり。

相変わらず、甘いのか怒り過ぎなのか、自分でもよくわからない。。。
[PR]
by mizu-kusa | 2009-01-23 14:46 | へんてこ育児

見てー!

f0041773_11304888.jpg

思えば、たろうがもっと小さい頃は、あまり「見てー!」と言われませんでした。それは多分、言わなくても私がちゃんと見ていたからじゃないかと思うのです。公園でも一緒に遊んでいたし、一人遊びが長続きしない小さな頃は、晩ご飯の支度だって遊び感覚でよく一緒にしていたような気がします。

まめじが生まれて、やっぱり忙しくなったし、たろうは大きくなったのだから放っておいてもいいだろうという思いもあって、「見てー!」と言われても余裕の無いときは「ああ、見た見た!さっき見たってばっ!」(なんで怒ってんねん)って返すこともしばしば。

でも、ちゃんと見ていてほしいんですよね。うん。今ならわかるよ、たろうくん。

というのも、先日、わたくし、また知らないうちに溜めておりまして、朝から夫にイライラをぶつけて責めてしまいました。

毎朝私がこんなにあせあせイライラして用事しているのに、なんでもうちょっと動いてくれないのよ〜!!と腹が立って。だけど洗濯や、加湿器の水を足すとかエアコンのフィルター掃除とか、言わなくても全部夫がやってくれている。それに対する感謝の気持ちはどうなのよ?!こんなに協力的なのにそれでも夫に不足を感じるってどうなん?と自分を責めたり。

ちょうどそんなときに、怒りの感情の奥には別の感情があるんだ、ということを教えてくれる人がいました。「あなたがこうだから私はこんなに腹が立つのよ!」と思ってしまうけれど、感情の責任はすべて自分にあるんだということも。

確かに、相手が同じことをしても自分に余裕のあるときは笑って流せるし、余裕の無いときは腹が立つ、というのはよくあることです。それより、別の感情って何だ?と、わたくし初めて自分の怒りの沸き上がった底の方をのぞいてみたのであります。

そうしたら、あった、あった、ありました。別の感情。夫に対する怒りは、寂しさからくるものでした。こんなにいっぱいいっぱいになってるのに、どうして気がついてくれないの?ちゃんと私のこと見てくれてるの?もっとちゃんとこっちを見て、声をかけてほしい、かまってほしい、一緒に話がしたい。。。つまり、怒りの正体は、夫に対する私の「見てー!」だったのです。

恥ずかしながら、こういう経験初めてだったのです。自分でもびっくり。ええー?!寂しかったのー?この私がー?ってなもんです。

で、その発見を翌日夫にだあだあ泣きながら話しました。「私、子育てして初めてこんな風にあれこれ悩んだりとか心の葛藤とか経験してるけど、考えてみりゃあなたは私より6年も長く生きてるんやから、心の葛藤もいっぱい経験してるんやろうなぁ」と言うと、夫がさらりと「そりゃあ葛藤だらけですわな」と言いました。

今までノー天気でお気楽な人だと歳の差を感じることなく夫と付き合って来たけれど、私には計り知れない部分もたくさん持ってるんだろうなぁ〜とこれまた新鮮で(っつーか私がノー天気ですよね?汗)。

なんちゅうか子育てにもちょっと飽きて、、、いやいや慣れてきて、最近私の中じゃ子供よりも夫との関係の方がメインテーマになりつつあるような気がする。。。

ちなみに、夫の咳がおおげさだったり、体の不調をたびたびつぶやいたりするのは、本人に自覚が有る無しにかかわらず、夫の私に対する「見てー!」なのか?だよね?そういうの冷たくあしらってる私ってどうよ?たははっ。許せ、夫。ちゃんちゃん♪
[PR]
by mizu-kusa | 2009-01-17 12:18 | 母は思った

朝のお勤め

f0041773_12494667.jpg

ま、確かに大事なお仕事ですけどね。
最近トイレネタばっか。。。
[PR]
by mizu-kusa | 2009-01-16 12:51 | あはは育児

真冬のトイレトレーニング

f0041773_2203350.jpg

真冬のトイレトレーニングってセオリーに反してますよね。。。

ちなみに、たろうはお風呂に入るときに、まず洗い場でおしっこをします。この習慣はすっかりまめにもついたみたいで、入ったとたん「ちーっ」って腰突き出してます。そしてお風呂場ではちゃんと出ることが多い。

もしかして二人目のトイレトレーニングって楽勝?!いや、そんな簡単に行くわきゃない。それが育児ってもんですよね、ハイ。
[PR]
by mizu-kusa | 2009-01-14 22:07 | へんてこ育児

気兼ねなく

f0041773_1661872.jpg

子供を預けて外出すると、「ゆっくりしておいで」と言われても、つい気兼ねして「早く帰らなくちゃ」とソワソワせかせかしてしまいます。そのくせ、めったにない機会だからとあれもこれもと欲張って、結局、自分の目標時間をオーバーして帰宅します。

だから、帰ってから「遅くなってごめんねー」に続いてなんだか言い訳がましいことをごにょごにょひとりでつぶやいて、出掛けてるときも帰ってからも落ち着かない気持ちであることが多いのです。こんなんじゃ、せっかくのひとり時間も消化不良になって当然ですよねぇ。

それが、今回は素敵な偶然のおかげで、「遅くなってもいいや」と思えて、本当に時間を気にせず(友達の方が気にしてくれたくらい)おしゃべりできたのです。

母になって4年めにして初めて、ひとり時間(ふたり時間か?)を心から楽しめたかもしれません。

すると、帰ってからも自分を責める気持ちも居心地の悪い思いもせず、ただ、その友達に、それから両親に、そして子らに、「ありがとう」という気持ちだけがわき上がって来ました。晩ご飯の準備から夜寝るまでイライラせず、腹を立てず、和やかに過ごせたことは言うまでもありまへん。

人付き合いに、遠慮も気兼ねもいらないのかもなぁ〜。心からのありがとうがあれば、それで万事オーケーなのかもしれないなぁ〜。そうだよなぁ〜。自分だって遠慮や気兼ねされることを望んでないし、それより誰かに心から「ありがとう」って言われる方が断然嬉しいもんなぁ。なぁんてなことを今更ながら思った年明けの出来事でありました。
[PR]
by mizu-kusa | 2009-01-11 20:38 | 母は思った

夜中のトイレ

f0041773_18354080.jpg

あけましておめでとうございます

今年も引き続き頻尿たろうをどうぞよろしく!
しかも、暮れからびびり度に拍車がかかり、夜中のトイレはひとりで行けなくなりました。お正月は、夫の実家→私の実家と各2泊して参りました。どちらの家でも、昼間ですら、ひとりでトイレに行けませんでした。(しかも頻尿なのでついていくのが面倒くさいったら!)

私の実家では、夜中に「漏れた〜!」と言ってパンツ脱いでお尻丸出しで残りのおしっこをしにトイレまで走っていきました。あせあせと戻ってくるたろうのまじめな顔、寒そうなおてぃんてぃんとつま先走りの裸足のあんよ。なんだかそれが妙に愛しく思えたお正月の夜のことでした。

でも、たまに漏らしても布団までは濡らさないのでえらいなぁ〜と変なとこで感心してます。(そら頻尿でちょっとしか出ないからか?)

なにはともあれ、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by mizu-kusa | 2009-01-06 18:45 | とほほ育児