<   2009年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

蚊にかまれた

f0041773_995290.jpg

※私の好きなまめ語※
はみちつ(はちみつ)
すくり(くすり)
ぼかちゃん(かぼちゃ)←ぼかちゃんってのは、くまのぬいぐるみの名前でもあります
海賊電車(快速電車)
コロンボ車(昆布)←刑事コロンボを知っている
[PR]
by mizu-kusa | 2009-08-25 09:16 | うふふ育児

男湯

f0041773_2153247.jpg

「ま、、、まさかね?」という複雑な表情が印象的でありました。
んなわけないだろっ!
[PR]
by mizu-kusa | 2009-08-17 21:54 | うふふ育児

トイレトレーニングその後

f0041773_22385550.jpg

その後トイレでうんち間に合うようになりました。おしっこも、まず大丈夫。
ということで、まめ2歳3ヶ月、トイレトレーニング完了!ぱちぱち。パンツデビューしました(っていってもたろうのお下がり。まめは細ちっこいのでパンツがぶかぶか。いや〜涼しくていいやね〜)
[PR]
by mizu-kusa | 2009-08-13 23:05 | うふふ育児

お尻が痛い

f0041773_16364364.jpg

まめとのへんてこ会話です。
まめと温泉に行きました。ふたりで女湯に入って洗い場のところでいきなり号泣されました。
「たろちゃんとおじいちゃんとお父ちゃんとこ行く〜!!」って。だーかーらー、最初に確認ししただろうがっ。たろうとおじいとおとうと一緒がいいか、お母ちゃんと一緒がいいかって。まぁ無理もないですね。

なんとか気を紛らせて洗っていたら今度はイラストにあるように「お尻が痛い!」と言い出しまして、それも、なんとか気を紛らせて露天風呂に連れて行きました。

ところが、、入る直前に腰をかがめ、両膝を曲げ、口が一文字で一瞬固まるまめ。。。そ、その顔はっ「うんち?!」「うんち!トイレ行く〜!」行けー!行ってくれー、ここでするなってか行こう、行こう、行きましょう。

あわてて抱えて連れ出し、トイレに座らせるも出ず。当然ふたりとも素っ裸。ろくに拭いてもいず、お湯にもつかっていないので寒い〜!そしてもうこれはあかんと出ることにしました。

温泉に来てお湯につかれないってどうよ〜?超不機嫌な青ざめた湯上がりの母を見て、夫と父が「もう一回行ってきたら?」と行ってくれたので、一人でお湯につかってきました。めでたし、めでたし。
[PR]
by mizu-kusa | 2009-08-13 16:49 | とほほ育児

夏風邪

f0041773_8465231.jpg

チュニックの下に私が着ていたのは、白い薄手の綿ブラウスで、しかもレース地のように、小さい穴が一杯あいているものでした。

たろうは、いわゆる夏風邪というやつで、まめのが移ったのか、同じく三日三晩の高熱でした。

扁桃炎との診断で、抗生物質を処方されました。とびひもあったので、一回服用したのですが、熱は下がらず、二回目も効かない。抗生物質の弊害が気になったので、きっとウィルス性なのだ!自然治癒じゃー!がんばれ、たろう!と、服用を止めました。薬嫌いのまめだって自然治癒したんだもん。

多くの医者は、患者の今の症状を治すことと、やぶ医者と思われないようにという保身しか考えてないんじゃないかしらん。

ゆえに、薬は自然治癒力を無視した過剰な量を処方されてるんじゃないかしら?あるいは、薬によって、自然治癒力そのものを弱めてしまうんじゃないかしら?

そんなわけで、処方された薬は母の権限でもって取捨選択しています。以前は、それがしんどかった。私のせいで容態が悪化したら?そもそも風邪をひかせてしまったのは私の体調管理が甘かったから?などと考えていたからです。

だけど、そんなときに友達が言ってくれたんです。

子供の病気は親のせいなんかじゃない。なるべくしてなっているのだ。それはその子供にとって今必要なことなんだ。

というようなことを。

まめの風邪で不安な夜を過ごしていた私にとって、それはとてもありがたい言葉でした。薬を自己判断で飲ませなくて、悪くなったらどうしよう?というその当時の不安は、突き詰めてみると、医者と同じく、母親としての保身からきているものでした。それに気がついたら、恐れからではなく、愛情からケアできるようになったような気がします。

風邪をこじらせることを必要以上に恐れず、子供の自然治癒力と母親としての勘を信じて、絶対治ると思い込んで、子供にもそう思い込ませて、世話する。それしか不安な夜を乗り切る方法はない。そして実際私にゃそれしかできません。
[PR]
by mizu-kusa | 2009-08-07 08:50 | とほほ育児

トイレトレーニング初日

f0041773_6565963.jpg

まだおしっこが出そうなのか、うんちが出そうなのかわからないらしい。

ちなみに、夏風邪で高熱出したたろうは、「げぇ吐く!」と言って、ビニール袋持って構え、固まること数秒。

たろう「・・・」
わたし「大丈夫?」
たろう「うんちだった!」
わたし「ええ〜っ?!」

トイレに駆けて行ったのでした。
[PR]
by mizu-kusa | 2009-08-06 06:58 | とほほ育児

頻回授乳

f0041773_1937378.jpg

どこのエロおやじやねん!たろうはもっと遠慮がちだったように記憶しています。まあ、ひとりめのときは、私がしょっちゅうおっぱいトラブルを抱えていたせいもあるかもしれないけれど。

まめは当然の権利とばかりに、おっぱいを飲みに来ます。

おっぱいの出が悪くなったのか、甘えたいのか、最近頻回授乳なんです!おかげで、とうとう乳首が痛くなってしまいました。このままでは白斑ができてしまふ〜!

疲れても横になれない。だって横になったら、まめが来る!「ちょっと、おっぱいいってみよっか♪」って。
[PR]
by mizu-kusa | 2009-08-05 19:38 | おっぱい育児