<   2011年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ダブル入院

f0041773_2047443.jpg

RSウィルスから肺炎になり、すずとまめが入院しました。小児科のベッドは柵が高く、点滴であっちゃこっちゃ自由に動けず、まさに檻の中のまめとすず。

しっかし、噂には聞いていたが、よもやうちの子が肺炎で入院することになるとは思いませんでした。

最初に受診したのは、まめの熱が二日続き、咳がひどくなってからで、その時すずはまだ発熱していませんでした。ところが、診てもらうと、すずの方が胸の音がひどくRSウィルスによる細気管支炎ということがわかりました。病院から帰るとすずは41度の熱!

病院では、熱の高さよりも呼吸がポイントで、ゼイゼイいうのがひどくなったり息苦しそうだったり、食欲がない、眠れない、ということになれば要注意と言われました。

だがしかし、息苦しそうとか全然わからん!かったのです。わたくし。

で、おっぱいは飲んでる、抱っこなら寝る。さして愚図らない。熱は異様に高いが、とにかく飲んで寝れてれば大丈夫だろうと思ったのです。

すずは私の身体の一部になり、抱っこにおんぶの毎日。呼吸を気にかけられたのも看病3晩目くらいまでで、後ははっきり言って抱っこしながら私も爆睡ですよ!

そうこうしているうちに、今日で熱が下がらなきゃまずいという日の晩、相変わらず高熱のすずを抱っこしながら、寝ているまめに触れてみると、こっちも熱い!まめの熱は3日ほどで下がっていたのに、またぶり返したんです。39度の熱を出していました。

翌朝、まめは熱が下がったし、元気で食欲もあるので幼稚園のたんぽぽ組へ。すずは病院へ。すずを見るなり先生の顔は曇り「調子悪いですよー。レントゲンと採血、点滴。入院かなあ」私は、えっ?そうなの?という感じ。

めちゃ凹みました。母親としての自信喪失。ホームケアできてなかったんだー。おっぱいを過信してた?もっとちゃんとおっぱい以外の水分もあげなきゃいけなかったのかな。でも寝れてたし、あまり愚図らなかったし。。。それとも、ぐったりしているという状態だったわけ?めちゃめちゃ自己嫌悪に陥りましたです。はい。ほんまに。

そしてそこではたと気づいた。元気に幼稚園に行ったまめ、奴も肺炎なのではなかろうか?いや、肺炎に違いない!夫に連絡したら帰宅後やはりまめは38度の熱を出していたので、夫がたろうとまめを連れて受診。

結局、まめの方がひどい肺炎を起こしていました。これまたびっくり!昨日公園で遊んで三輪車乗って、今日は幼稚園行った人が肺炎?!確かにここんとこ様子がおかしかったのはおかしかった。たろうによくつっかかってケンカしてたし、甘えん坊になってたし。しかし、それこそ食べて寝ていたのだ、彼は。

検査の結果、炎症反応を示すCRPの値がすずが2なのに対し、まめは10(正常値は0.3以下)。でも脱水症状など身体の弱り具合を示すケトン体の値は、すずの方がずっと高くて、まめはなんと正常値。つまり、まめは炎症がひどいのに身体はこたえてない、ということらしい。ちゃんと飲んだり食べたりできてたから。とにかく二人まとめて、いや付き添いの私も一緒だから3人まとめて病院に3泊4日と相成りました。

経過順調、点滴もとれて本日めでたく退院。終わってみれば、三食昼寝付き、飯炊き掃除洗濯兄弟喧嘩から解放された4日間。おまけに、感染予防のため個室、しかも一番いい部屋、で、差額料金免除。私にとっても休息となりました。

ちなみに、たろうも泣いたのは初日だけで、私が戻ると自由じゃなくなると退院を残念がっております。これでいいのか?いいんだよね。元気が一番、我が家が一番!っつーか引越しまであと10日切ってるんですが、、、何もしてない(ーー;)
[PR]
by mizu-kusa | 2011-03-12 21:02 | とほほ育児