<   2011年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

言い間違い2

f0041773_2241192.jpg

照れくさそうだったのであまり笑っては悪いと思い、こらえましたが、内心かなりウケました。

たろうの小学校は一週間早く2学期が始まりました。それで、退屈気味のまめちゃんと、すずが寝ている間に久しぶりによく遊びました。やっぱり、片手間じゃなく、ちゃんと遊ぶと楽しいなぁ〜と思いました。

先日、児童精神科医佐々木正美著「完 子どもへのまなざし」という本を読みました。そこに、最近のお母さんは「夜泣きをしない子になってほしい、もっと離乳食を食べてほしい」など、子どもへの要求ばかりで、子どもがどんなお母さんになってほしいか、ということを考えない、というような一節がありました。

子どもはどんなお母さんになってほしいと思っているか、子どもがのぞむお母さんになっているか、そういう観点で自分を省みるということが、確かにあまりありませんでした。

「まあちゃんのまほう」という絵本をご存知でしょうか?まあちゃんのお母さん、すごいんです。まあちゃんと一緒に二人乗りはするわ、つまみぐいはするわ、部屋は散らかすわ。読んでて痛快なんです。

一種の感動をもって読んだのは、私も本当はまぁちゃんのお母さんのように振る舞いたいと思ってたからなんでしょう。母親だから、大人だから、と自分の言動にかなり制限を設けていて、それはもちろん当たり前でやらなくちゃいけないことなんだけど、窮屈でたまんないんですよ、ほんとは。だからって、まあちゃんのお母さんのように子どもと一緒にはめをはずす勇気もない。だから憧れたんですよね。

ちなみに「こんなお母さんいいなぁー!」って私が言ったら、たろうは「うーん。これはちょっと、、、」と首をひねっておりました。そしてもちろん、たろうとまめの「こんなお母さんだったらいいな」は、「怒ってるお母ちゃんを抜いた、優しいときのお母ちゃんばっかりのんがいい」だそうで。

確かに、よう怒ってますが、普通に言えばいいんじゃないのー?そない怒らんでもってことが大半なんだよなぁー。ははは。
[PR]
by mizu-kusa | 2011-08-31 23:11 | あはは育児

ごまだれ

f0041773_225254100.jpg

そういや、冷麺に入れる蟹かまぼこ(略称かにかま。オーシャンレッグという商品名もありますな)、まめちゃんはかまぼこが好物なのに、かにかまは食べられません。

そしてある日の昼食に冷麺を作っていたとき、私が子供らに
「かにかまありー?なしー?」と聞くと、

たろう「たろう、かにかまありー!」

まめ「まめ、かにぼこなしー!」

かにぼこってなんやねん?!まめはまだ舌が回らないらしい。スパゲッティもスカベッティになることがある。子供の言い間違いっておもしろいわぁ。
[PR]
by mizu-kusa | 2011-08-29 22:59 | こどもと田舎

川遊び

f0041773_957681.jpg

ただでさえ、めまいがしていたのに、よもやあんなにぐるぐる回転するとは。。。
まめは私にしがみつきながらもチャレンジ。たろうはやりたいけど恐い。まぁたろうにはたろう時間があるゆえ。

恐くて川に入れなくなったたろうに、私は「たろちゃん、石ころが魚やカエルの死骸に見えるのは、悪いことやないで。たろうにはいろんなものに見えるんやなぁ。それはたろうのええとこなんやで」と言いました。
[PR]
by mizu-kusa | 2011-08-28 09:57 | こどもと田舎

まめとの川遊び

f0041773_21533655.jpg

去年は、田舎を去る前に、まめと遊び足りなかったのを惜しむ気持ちがありました。

今年も遊び足りないのはそうなのですが(なにせたろうが動かない!まめはもっと川へ行きたかったのに。いや、たろうひとりのせいではない。もちろん、私もすずがいて去年同様、動きにくかった。)、まめちゃんの楽しそうなこのときの顔がとても印象に残っています。

たろうのこわがり加減に舌打ちしたい気持ちもあったのは確か。だけど、あまりに怖がるので、それでもしぶしぶみんなについて川に来るしかない(おばあちゃんとふたりで留守番はいやだそうで)たろうもまた気の毒でかあいそうでした。
[PR]
by mizu-kusa | 2011-08-26 22:07 | こどもと田舎

恐怖の川

f0041773_2155142.jpg

カエルの死骸を見た直後から、もう川の中を歩けなくなりました。それでも、岸へ戻るにはどうしても川を渡らねばならず、半ばパニクるたろうをなんとか励まして岸まではたどり着けました。でも、以来川へは行きたがらなくなりました。

川底にいろんなものが見えるようです。白い石はきっと魚かカエルの死骸だと言います。川底で黒く揺れる棒切れは蛇です。ほんとに心底正真正銘の恐がりです。たろうは。

今年の夏は、たろうがクワガタとカブトムシにはまった(図鑑を見て、です)ので、毎晩スイカや蜜を置いて早朝そこに来ているか見に行きました(たろうとおじいが)。

昔はたくさんいたし、死骸は見かけるけれど、とうとうオスのクワガタやカブトは見つかりませんでした。何しろ、夜雑木林に入って行くなんて、いや、昼間でさえ、恐がりたろうにはできないのですから、昼間明るい林の木を蹴っ飛ばすか(眠っているクワガタが落ちてくるそうです)、蜜をしかけて早朝見に行くという作戦しかとれません。

たろうは、カブトムシが見つかるようにこっそり星にお祈りしたり、カブトムシを見つけたとき用にカナブンをつかむ練習をしようとしたり(つかめなかった。。。)していました。死骸を見つけると、さすがに穴があくほど本を眺めているだけあって、すぐにクワガタの種類を言い当てました。

見つけられなかったのは残念だったけど、それでキレたり諦めたりせずに毎回気持ちを切り替えられたたろうをえらいな、と思いました。それは、なんといっても、毎朝一緒に出掛けて空振りで残念がるたろうに、ワクワクするような次の作戦を楽しく提案してくれたおじいちゃんのおかげです。

父を見ていると、根気よく子供に付き合い(つまり自分も楽しみ)、子供の気持ちに寄り添うとはどうすることか、ということを教えられます。観察眼と洞察力が重要なんだなぁ。もちろん、愛も。愛情だけなら負けへんけどなぁ。
[PR]
by mizu-kusa | 2011-08-23 22:20 | こどもと田舎

熱性けいれん

f0041773_21331030.jpg

みなさん、ご無沙汰してます。
例年通り、水草家一同、2週間ほど田舎の夏休みしておりました。で、夏のおもひでご報告〜!
のつもりが、帰る日の朝からすずが高熱出しまして、その日の晩に(ゆうべ)熱性けいれん起こしました。

たろうが初めて熱性けいれんをおこしたのは、確か1歳7ヶ月、沖縄旅行から帰って来た直後だったような。。。なんかシチュエーションが似てるぜっ。ってか、すずはこれまでも高熱出してましたが、けいれんはおこしたことなかったので、大丈夫だと思ってたのに、、、。

顔もたろうそっくりのすず、こういう性質まで似るのかしら。熱性けいれんを起こした子の半数が一生に一度きりだそうで、さて、すずはその一度きりなのか、たろうと同じく繰り返すのか?これから熱出したらドキドキもんやなぁ〜。

とりあへず、今日の夕方から熱は下がったので今晩は大丈夫、、、だと思う。。。

また、おいおい田舎の夏休みスケッチ載せまする〜。乞うご期待1?
[PR]
by mizu-kusa | 2011-08-19 21:44 | とほほ育児

美しき兄弟愛?

f0041773_115484.jpg

で、泣いてるまめちゃんによくよく確認すると、やっぱりまめは「ヒックとドラゴン」が見たいらしい。たろうが「ヒックとドラゴンでがまんする!!」と言って、仲良くDVD鑑賞いたしました。

いつもだいたいたろうの方が主張が激しいので、たろうの意見が通ってしまいます。まぁ大の映像好きたろうの方が「絶対これが見たい!」という気持ちが強いのは確かですが。。。
[PR]
by mizu-kusa | 2011-08-03 11:19 | へんてこ育児

女です!

f0041773_11323279.jpg

1歳2ヶ月のすーちゃん語といへば、、、

家族もよそさまも惑わすすーちゃんの「あ!」
「あ!」と驚いた表情をして指差し、その先には、、、何もないやんかっ!

「ちゃーちゃん!」「おかあー!」「たーちゃん!」
やっぱり呼びかけの第一声は「お母ちゃん」なのね〜と最初は嬉しかったのですが、どうも私以外の人、たろうやおじいを呼ぶときも同じ。。。つまり、人への呼びかけらしい。

「たっ!」
シールを貼る遊びが好きなすーちゃんが最近覚えた「ぺたっ!」でも、「ぺ」は聞こえないんだなぁ〜。

「まんま」や「はい!(物を渡しながら)」も言います。携帯を持たせると顎に挟むようにして歩き回りながら何やらすーちゃん語でごにょごにょとよくしゃべります。何かを訴えるときも、ごにょごにょ言います。一所懸命聞いてあげます。でも、何言ってるかさーっぱりわかりません。
[PR]
by mizu-kusa | 2011-08-01 11:42 | ほっこり育児