<   2011年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

すず鍋

f0041773_12513892.jpg

3人目末っ子すーさんは自由でのびのび、お兄ちゃんたちよりやんちゃで、しかも許される。得だなぁ。。。

遊び食べも、お菓子ばっかり欲しがるのも、許される。だだをこねても、少々危ないことしても、お母ちゃんはキーッとならない。3人目だから、子どもは汚くてわがままでお行儀が悪いものだと思ってる。少々汚されても、後始末にも慣れたし、第一汚いことに慣れた。後始末のことを考えて、だめだ、だめだとすずの「やりたい」気持ちを抑制させるより、納豆を手づかみさせてるのを眺めてる方がラク(自己主張が強いもんで)。そうなった。やっと、3人目で。

もちろん、両親と同居してるのも大きい。じじばばといっしょに自分も孫を眺めてるような気分で、すずを見ておもしろがってるときもある。家族がすずを見て笑ってるとき、すずが家族に受け入れられ、愛されていると感じる。それがものすごく心地よい。

育児は孤独ではできない。と、私は思う。
[PR]
by mizu-kusa | 2011-11-24 13:21 | あはは育児

オープンスクール

f0041773_22265451.jpg

あんなに調子の悪そうな様子はうちでは熱のあるときくらいしか見せないので、びっくりして心配しました。でも、給食後の5時間目の体育では友達とふざけあう姿も見られ、元気になっていました。

終礼の時、先生に「お腹どうや?」と聞かれ、「もう治った。毎日オープンスクールやったらいい!」と元気に答えたそうな。。。だから、やっぱり緊張とか不安とかいろいろあってお腹痛かったんだろうな。

オープンスクールの前に私が「給食は見たいねんけど、4時間目が国語で5時間目が体育やろ−?両方参観で見たしなぁ。給食だけ見るのもなぁ。音楽見たいけど1時間目やし、一回帰ってまた給食見に行くのもなぁ。まぁとにかく給食は見に行くわ」と言っていたのを全部覚えてて、心配してたのかもしれません。

教室で私を見たとたん、涙目で「今日お母ちゃんと一緒に帰りたい」と言ったり「体育は、お母ちゃんが前に見たのと違うかもしれんから、見て」と言ったので「体育も全部見るし、最後までいるから一緒に帰ろうな」と言うと、それから安心して元気になったような気もします。

それに、帰宅後、晩ご飯の時に「お母ちゃん、あの歌音楽で歌ったんやで。なんで来んかったん?来たら、あの歌の冬の歌詞わかったのに」と言われたのです。がーん。確か2時間目からお腹が痛くなったと言っていた。。。もしかして私が音楽見に行かなかったからか?それで私が来るかどうか心配になったのか?

まぁ真相はさておき、心配性なたろうにもうちょっと気つかってあげなあかんかった、、、と反省しました。

学校から一緒に帰る道すがら、すっかり元気になったたろうを見て、なんだか子どもの成長過程をリアルに見れたような気がして、晴れ晴れとした気持ちになりました。たろうにとってしんどいことはこれからもたくさんあるだろうけど、こんな風に、青い顔してよれよれになりながらも、がんばって乗り越えて笑顔にもどることができる、きっとできる。こうして、ひとつひとつ自分の力で乗り越えていけるんだ、と子どものたくましさを信じることができました。
[PR]
by mizu-kusa | 2011-11-13 22:57 | とほほ育児