<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

健康よう!

f0041773_2275590.jpg

人参という単語も知っているはずですが。。。
すず1歳10ヶ月。最近は単語ではなくセンテンスを覚えて話しています。先日は取り込んだ洗濯物を持って「明日着ーようっ♪」と言ってました。いつの間に覚えたのか。今日は、かえたばかりなのに「おむつかーえようっ♪」と自分でオムツを脱ぎ脱ぎ。。。もったいないからやめてくれー。
[PR]
by mizu-kusa | 2012-04-19 22:36 | うふふ育児

先生の名前

f0041773_21281621.jpg

なんじゃ、それ?と思ったんですが、学級便りを見ると、たろうの言っていることが少しも間違っていないことがわかりました。

名字がロシア系のお名前で、長いので短縮して上の2文字だけをとって通称にしてはったのです。外国の方と結婚されて名字だけ変わったので、名前は日本語(子ども向けにひらがなで書きはったのでしょう)でした。

新2年生、大丈夫なようです!(?)
[PR]
by mizu-kusa | 2012-04-18 21:33 | うふふ育児

たろうの気持ち

f0041773_21245217.jpg

春休み中、ずっとおじいちゃんと寝ていたので、おじいちゃんが恋しくて泣いていたのかなぁと思います。(ちなににおじいちゃんは階下の部屋で寝ている^^:)多分そうだと思うけど、本当のところはわかりません。新学期が始まって、不安な気持ちだったのかもしれません。なぜか理由を聞かずにいました。

幼い子にとって母親である私は一番の理解者であってあげたい。なのに、私はたろうのことがわからなくて不安になることがあります。

たろうはアスペルガーだろうか、と時々思います。

最も理解に苦しむのは、怒られたときの態度です。相手が誰でも、キツく怒られたら、逆ギレするんです。怒られたことに対して過剰に反応するように思います。もっと幼いときは怒られてもへらへらしてましたが。(どっちにしても余計怒られるはめになる)

幼稚園でも先生に怒られてキレたことがあるし、1年生のときも先生に怒られて怒り泣きをしてるところを目撃したことがあります。

アスペルガーかただのわがまま坊やなのかでこっちの接し方を変えなきゃいかんのじゃなかろうかと思うと、自分の態度に迷いが出ます。たぶん、日常生活にも学校生活にも支障はないから、偏りのある性格で不安症だけど、個性の範疇なんだとは思います。

家庭では、気がついたら、文句言いでキレやすいたろうの思い通りに事が運んでるような気がしてなんだか釈然としない。わがままになってるんじゃないだろうか?アスペルガーはいいけど、わがままはいかん!

でも、人一倍心配性なたろうは学校でも家でも何か私の想像を超えたところで、しんどい思いをしているのかもしれん、と思うとなんだか不憫にも思えるし。しかしだからといって甘やかしてはいかん!という思いもあるし。

まぁあまり考え込まない方がいいみたいですね。どうも頭でっかちになっていかん。なのに、子どもとちょくで接するときは頭空っぽで感情の赴くまま。。。なんともはや。。。
[PR]
by mizu-kusa | 2012-04-14 23:18 | とほほ育児

叱るということ

f0041773_2154580.jpg

突然ですが、

理性的に「叱る」というのはとても難しい。「褒める」より難しい。感情的に怒ることは一番簡単。

だと思いませんか?

私が日常的にやってることは一番簡単な感情をぶちまける怒り方。ちょっとしたことや、できて当たり前と思うことは、たとえいいことでもいちいち褒めるのは、はっきりいって疲れます。意識的に褒めるようにしています。それが疲れるんです。

かつて幼稚園の先生が懇談で言ってました。「幼稚園では、落ちてたゴミを拾ってゴミ箱に入れただけで、すごーい!えらーい!って、褒めるんです」思わず私は「はは。。。仕事だったらできますけど」って言ってしまいました。

私の父が、たろうが小さいときに、ずいぶんきつく叱ったことがあるそうです。そのとき、これでもうおじいちゃんなんか嫌いや!って自分から離れていくだろう、と思ったそうです。実際、どうだったか。逆に、たろうは、おじいちゃんに余計になついてきたそうです。たろうを真剣に厳しく叱るたびに、たろうはおじいちゃんに親愛の情を見せるようになった、と、父は感じているのだそうです。

「叱るっちゅうのは真剣勝負やからねぇ」と、父は言いました。

真剣勝負の意味を考えてみる。。。
真剣勝負、、、してへんなぁ〜ほんまにしてへんなぁ〜。
子育てのことだけちゃいます。何においても、真剣勝負、してるかなぁ〜してへんなぁ〜。

あ、なんかここで立ち止まってしまったなぁ。いやぁ〜えらい中途半端な文章になってしもた。しかもいきなり大阪弁丸出しやん。真剣勝負って、捨て身ってこと?何かを賭けるってこと?捨てられないほどの、賭けて失うのが恐いほどの、何を自分は持っているのか?いやいや、えらいこっちゃ。

昨今の煮詰まり具合が如実に表れた中途半端な文章になってしまいました。煮詰まってるんです。(だからなんやねん!)
[PR]
by mizu-kusa | 2012-04-07 15:37 | 母は思った

カップ焼きそば

f0041773_22105330.jpg

結局、おたふくソースをかけて食べました、とさ。
[PR]
by mizu-kusa | 2012-04-04 22:09 | その他

草すべり

f0041773_14395938.jpg

すずが昼寝をしてる間に、たろうとまめと3人で散歩に出掛けました。草の斜面を見つけたので、たまたま鞄に入ってた情報誌をお尻に敷いて、するする滑って遊びました。最初は怖がっていたたろうとまめも、だんだんエキサイトしてきて、服に草をいっぱいつけながら草滑りを楽しんでいました。

私が小さい頃は空き地でよく遊んだものです。今、この辺りでは遊べるような空き地はあまりありません。子どもは自然の中で遊ぶのが一番だと自然派育児を目指していた私ですが(今もそうだけど)、たろうとまめはすっかり都会っこのインドア派。てんとう虫すら触れない二人。なぜだ〜っ!

でも、外で思いっきり遊べて、楽しそうなたろうとまめの生き生きとした顔を見れて、私は久しぶりにエネルギー充電できました。よしっ!
[PR]
by mizu-kusa | 2012-04-03 14:54 | ほっこり育児

100マス計算

f0041773_15553175.jpg

100マス計算中のたろう。100このマスに計算の答えをちゃっちゃと書いていくというものです。昨今の小学生は計算力アップのために、この100マス計算というのを学校でやっているそうな。宿題にもなります。

集中して「早く正確に!」計算しなければならないのですが、、、なぜか途中で必ず一度は訪れる「たろう時間」。ぼーっとしています。ゆっくりマイペースの「たろう時間」とあまりにかけ離れた「100マス時間」。

しかし、たろうだけはないようで、学級頼りには担任の先生のこんな言葉が。。。
「計算の途中でぼーっとしたり、自動車のガソリンみたいに、鼻くそをエネルギーにして100マスに取り組んでいる人がいます」

がんばれ、一年生!
[PR]
by mizu-kusa | 2012-04-01 17:29 | とほほ育児