梅シロップ

f0041773_15392415.jpg

すーちゃんのだいじだいじ。

去年作った(作ったのは私ではない。私の父だが)梅シロップの梅。それに2歳児すーがはまりました。田舎の庭でとれた梅。完全無農薬!健康よ〜^^
[PR]
# by mizu-kusa | 2012-06-04 15:42 | その他

健康よう!

f0041773_2275590.jpg

人参という単語も知っているはずですが。。。
すず1歳10ヶ月。最近は単語ではなくセンテンスを覚えて話しています。先日は取り込んだ洗濯物を持って「明日着ーようっ♪」と言ってました。いつの間に覚えたのか。今日は、かえたばかりなのに「おむつかーえようっ♪」と自分でオムツを脱ぎ脱ぎ。。。もったいないからやめてくれー。
[PR]
# by mizu-kusa | 2012-04-19 22:36 | うふふ育児

先生の名前

f0041773_21281621.jpg

なんじゃ、それ?と思ったんですが、学級便りを見ると、たろうの言っていることが少しも間違っていないことがわかりました。

名字がロシア系のお名前で、長いので短縮して上の2文字だけをとって通称にしてはったのです。外国の方と結婚されて名字だけ変わったので、名前は日本語(子ども向けにひらがなで書きはったのでしょう)でした。

新2年生、大丈夫なようです!(?)
[PR]
# by mizu-kusa | 2012-04-18 21:33 | うふふ育児

たろうの気持ち

f0041773_21245217.jpg

春休み中、ずっとおじいちゃんと寝ていたので、おじいちゃんが恋しくて泣いていたのかなぁと思います。(ちなににおじいちゃんは階下の部屋で寝ている^^:)多分そうだと思うけど、本当のところはわかりません。新学期が始まって、不安な気持ちだったのかもしれません。なぜか理由を聞かずにいました。

幼い子にとって母親である私は一番の理解者であってあげたい。なのに、私はたろうのことがわからなくて不安になることがあります。

たろうはアスペルガーだろうか、と時々思います。

最も理解に苦しむのは、怒られたときの態度です。相手が誰でも、キツく怒られたら、逆ギレするんです。怒られたことに対して過剰に反応するように思います。もっと幼いときは怒られてもへらへらしてましたが。(どっちにしても余計怒られるはめになる)

幼稚園でも先生に怒られてキレたことがあるし、1年生のときも先生に怒られて怒り泣きをしてるところを目撃したことがあります。

アスペルガーかただのわがまま坊やなのかでこっちの接し方を変えなきゃいかんのじゃなかろうかと思うと、自分の態度に迷いが出ます。たぶん、日常生活にも学校生活にも支障はないから、偏りのある性格で不安症だけど、個性の範疇なんだとは思います。

家庭では、気がついたら、文句言いでキレやすいたろうの思い通りに事が運んでるような気がしてなんだか釈然としない。わがままになってるんじゃないだろうか?アスペルガーはいいけど、わがままはいかん!

でも、人一倍心配性なたろうは学校でも家でも何か私の想像を超えたところで、しんどい思いをしているのかもしれん、と思うとなんだか不憫にも思えるし。しかしだからといって甘やかしてはいかん!という思いもあるし。

まぁあまり考え込まない方がいいみたいですね。どうも頭でっかちになっていかん。なのに、子どもとちょくで接するときは頭空っぽで感情の赴くまま。。。なんともはや。。。
[PR]
# by mizu-kusa | 2012-04-14 23:18 | とほほ育児

叱るということ

f0041773_2154580.jpg

突然ですが、

理性的に「叱る」というのはとても難しい。「褒める」より難しい。感情的に怒ることは一番簡単。

だと思いませんか?

私が日常的にやってることは一番簡単な感情をぶちまける怒り方。ちょっとしたことや、できて当たり前と思うことは、たとえいいことでもいちいち褒めるのは、はっきりいって疲れます。意識的に褒めるようにしています。それが疲れるんです。

かつて幼稚園の先生が懇談で言ってました。「幼稚園では、落ちてたゴミを拾ってゴミ箱に入れただけで、すごーい!えらーい!って、褒めるんです」思わず私は「はは。。。仕事だったらできますけど」って言ってしまいました。

私の父が、たろうが小さいときに、ずいぶんきつく叱ったことがあるそうです。そのとき、これでもうおじいちゃんなんか嫌いや!って自分から離れていくだろう、と思ったそうです。実際、どうだったか。逆に、たろうは、おじいちゃんに余計になついてきたそうです。たろうを真剣に厳しく叱るたびに、たろうはおじいちゃんに親愛の情を見せるようになった、と、父は感じているのだそうです。

「叱るっちゅうのは真剣勝負やからねぇ」と、父は言いました。

真剣勝負の意味を考えてみる。。。
真剣勝負、、、してへんなぁ〜ほんまにしてへんなぁ〜。
子育てのことだけちゃいます。何においても、真剣勝負、してるかなぁ〜してへんなぁ〜。

あ、なんかここで立ち止まってしまったなぁ。いやぁ〜えらい中途半端な文章になってしもた。しかもいきなり大阪弁丸出しやん。真剣勝負って、捨て身ってこと?何かを賭けるってこと?捨てられないほどの、賭けて失うのが恐いほどの、何を自分は持っているのか?いやいや、えらいこっちゃ。

昨今の煮詰まり具合が如実に表れた中途半端な文章になってしまいました。煮詰まってるんです。(だからなんやねん!)
[PR]
# by mizu-kusa | 2012-04-07 15:37 | 母は思った

カップ焼きそば

f0041773_22105330.jpg

結局、おたふくソースをかけて食べました、とさ。
[PR]
# by mizu-kusa | 2012-04-04 22:09 | その他

草すべり

f0041773_14395938.jpg

すずが昼寝をしてる間に、たろうとまめと3人で散歩に出掛けました。草の斜面を見つけたので、たまたま鞄に入ってた情報誌をお尻に敷いて、するする滑って遊びました。最初は怖がっていたたろうとまめも、だんだんエキサイトしてきて、服に草をいっぱいつけながら草滑りを楽しんでいました。

私が小さい頃は空き地でよく遊んだものです。今、この辺りでは遊べるような空き地はあまりありません。子どもは自然の中で遊ぶのが一番だと自然派育児を目指していた私ですが(今もそうだけど)、たろうとまめはすっかり都会っこのインドア派。てんとう虫すら触れない二人。なぜだ〜っ!

でも、外で思いっきり遊べて、楽しそうなたろうとまめの生き生きとした顔を見れて、私は久しぶりにエネルギー充電できました。よしっ!
[PR]
# by mizu-kusa | 2012-04-03 14:54 | ほっこり育児

100マス計算

f0041773_15553175.jpg

100マス計算中のたろう。100このマスに計算の答えをちゃっちゃと書いていくというものです。昨今の小学生は計算力アップのために、この100マス計算というのを学校でやっているそうな。宿題にもなります。

集中して「早く正確に!」計算しなければならないのですが、、、なぜか途中で必ず一度は訪れる「たろう時間」。ぼーっとしています。ゆっくりマイペースの「たろう時間」とあまりにかけ離れた「100マス時間」。

しかし、たろうだけはないようで、学級頼りには担任の先生のこんな言葉が。。。
「計算の途中でぼーっとしたり、自動車のガソリンみたいに、鼻くそをエネルギーにして100マスに取り組んでいる人がいます」

がんばれ、一年生!
[PR]
# by mizu-kusa | 2012-04-01 17:29 | とほほ育児

砂遊び

f0041773_13575690.jpg

前回のと今回のイラストは、すずと一緒にお絵かきしてるときになんとなく描いたものです。

すずが「ちゃんちゃん(すーちゃん)!まめちゃん!」と言ってリクエストするので、いっぱい描きます。

お絵描き中に、急にすずが「おっぱいちゃん、ねんね!(おっぱいのんで寝る)」と言い出します。そんなときは、すずのお絵描きに付き合ってるつもりがいつのまにか、私がちょっとマジっぽくお絵描きに夢中になってしまってる時です。
[PR]
# by mizu-kusa | 2012-03-31 14:07 | ほっこり育児

鼓膜切開

f0041773_14442519.jpg

青っ鼻がすごくて(あふれて?目やにも大量)、先週からすずは耳鼻科に通院していました。

鼻水も目やにも、薬のせいか、時間とともにおさまってきたので、良くなっているものと思っていたのですが、耳に溜まった膿が鼻から抜けそうにないという診断で、今日両耳鼓膜切開しました。鼓膜に針で穴をあけて、溜まった膿を耳から吸い出すというものです。ギャン泣きでした、もちろん。

こないだ退院したばかりなのに、痛いこと恐いこと続きですずが可哀想です。来週は大学病院に脳波を撮りに行かないといけません。熱性けいれんか、てんかんか調べておこうということで。。。はあ。ブッチしたい気分でいっぱいでやんす。
[PR]
# by mizu-kusa | 2012-03-30 15:01 | とほほ育児

家族写真

f0041773_14495048.jpg

ごぶさたしてます。
やっとこさ、春の気配ですね。

冬は冬眠していましたと言いたいところですが、闘病していたといった方が近いかもしれませぬ。闘病って別にたいしたこっちゃありません。風邪の連続です。私じゃありませんよ、もちろん。子どもら3人です。

たろまめすず3人が順繰りに熱出して、まめはインフルエンザA、B両方かかるし(予防接種してたからか大事には至らず)、すずは細菌とウィルスの二重感染で肺炎起こして9日間入院しました。40度でけいれんしたので、すずもたろうと同じく熱性けいれん持ちだということが確定しました。はあ。面倒だ。

すずは入院中4日高熱が続き、解熱後2日たっても、食欲、笑顔、言葉無しで、本当に心配しました。3日目にやっと「すーちゃん」と呼びかけると「はーい」と返事してくれました。

またぼちぼち更新始めます。どうぞよろしく。
[PR]
# by mizu-kusa | 2012-03-29 15:01 | ほっこり育児

すず鍋

f0041773_12513892.jpg

3人目末っ子すーさんは自由でのびのび、お兄ちゃんたちよりやんちゃで、しかも許される。得だなぁ。。。

遊び食べも、お菓子ばっかり欲しがるのも、許される。だだをこねても、少々危ないことしても、お母ちゃんはキーッとならない。3人目だから、子どもは汚くてわがままでお行儀が悪いものだと思ってる。少々汚されても、後始末にも慣れたし、第一汚いことに慣れた。後始末のことを考えて、だめだ、だめだとすずの「やりたい」気持ちを抑制させるより、納豆を手づかみさせてるのを眺めてる方がラク(自己主張が強いもんで)。そうなった。やっと、3人目で。

もちろん、両親と同居してるのも大きい。じじばばといっしょに自分も孫を眺めてるような気分で、すずを見ておもしろがってるときもある。家族がすずを見て笑ってるとき、すずが家族に受け入れられ、愛されていると感じる。それがものすごく心地よい。

育児は孤独ではできない。と、私は思う。
[PR]
# by mizu-kusa | 2011-11-24 13:21 | あはは育児

オープンスクール

f0041773_22265451.jpg

あんなに調子の悪そうな様子はうちでは熱のあるときくらいしか見せないので、びっくりして心配しました。でも、給食後の5時間目の体育では友達とふざけあう姿も見られ、元気になっていました。

終礼の時、先生に「お腹どうや?」と聞かれ、「もう治った。毎日オープンスクールやったらいい!」と元気に答えたそうな。。。だから、やっぱり緊張とか不安とかいろいろあってお腹痛かったんだろうな。

オープンスクールの前に私が「給食は見たいねんけど、4時間目が国語で5時間目が体育やろ−?両方参観で見たしなぁ。給食だけ見るのもなぁ。音楽見たいけど1時間目やし、一回帰ってまた給食見に行くのもなぁ。まぁとにかく給食は見に行くわ」と言っていたのを全部覚えてて、心配してたのかもしれません。

教室で私を見たとたん、涙目で「今日お母ちゃんと一緒に帰りたい」と言ったり「体育は、お母ちゃんが前に見たのと違うかもしれんから、見て」と言ったので「体育も全部見るし、最後までいるから一緒に帰ろうな」と言うと、それから安心して元気になったような気もします。

それに、帰宅後、晩ご飯の時に「お母ちゃん、あの歌音楽で歌ったんやで。なんで来んかったん?来たら、あの歌の冬の歌詞わかったのに」と言われたのです。がーん。確か2時間目からお腹が痛くなったと言っていた。。。もしかして私が音楽見に行かなかったからか?それで私が来るかどうか心配になったのか?

まぁ真相はさておき、心配性なたろうにもうちょっと気つかってあげなあかんかった、、、と反省しました。

学校から一緒に帰る道すがら、すっかり元気になったたろうを見て、なんだか子どもの成長過程をリアルに見れたような気がして、晴れ晴れとした気持ちになりました。たろうにとってしんどいことはこれからもたくさんあるだろうけど、こんな風に、青い顔してよれよれになりながらも、がんばって乗り越えて笑顔にもどることができる、きっとできる。こうして、ひとつひとつ自分の力で乗り越えていけるんだ、と子どものたくましさを信じることができました。
[PR]
# by mizu-kusa | 2011-11-13 22:57 | とほほ育児

おっかちゃん

f0041773_22254100.jpg

最近のすずのの一人芝居でおもしろいところは、
「あ、蚊!蚊ぁや!」と言ってパチンと手を打つ。たまに、まめの頭を叩く。(確信犯?)

あと、幼児の一人芝居の定番と言えば、電話ですね。これはたろまめもそうでしたが、すずは長い!さすがおなご!携帯、または携帯様の物を持ち、あるいはあごに挟んで、歩き回りながら何かをしつつ(ここがポイント)「うん、うんうん。。。。えっ?。。。ああ、うんうん。。。ふふっ(口に手を当てて愛想笑い)」誰の真似やねん!しかも、ちゃんと目が空(くう)を見ている。ほんまに誰と話してんねんっと思わずツッコミを入れたくなります。

ああ、かくもおもしろかわゆい1歳児。今がピークやなぁ。。。
[PR]
# by mizu-kusa | 2011-10-12 22:11 | ほっこり育児

騒音

f0041773_12133634.jpg

先日はこの井戸端会議にご近所のおじいさんも加わり、翁曰く「ここらへんは年寄りばっかりで、隠居通りやゆうてたのに、最近こどもさんが増えてきて、賑やかになりましたなぁ」。。。

最近増えたこどもって、、、ぜんぶウチです!3人ともウチの子です!><

引っ越しの挨拶回りに行ったときは「まぁ子どもの声が聞こえるなんて本当に久しぶり」とかいって微笑ましいわぁという感じではござったが、はや半年、、、どない思ってはるやろか。。。ま、子どもの声はまだしゃあないとして、親の怒鳴り声は聞こえたら不快やろうし、こっちも恥ずかしいので、最近あまり怒らないように心がけておりますが。。。
[PR]
# by mizu-kusa | 2011-09-29 12:21 | とほほ育児

チャンバラごっこ

f0041773_175012.jpg

最近おじいちゃんに三銃士を読んでもらっているたろうは、すっかり剣にハマってしまいました。剣は新聞紙やカレンダーを丸めた物で、2リットルペットボトルの飲み口部分をカットして、丸めた新聞紙を飲み口に差し込んで完成。

そして、私の方も、隙を突いて思い切りたろうを叩けたときの快感と、息が切れる疲労感とが心地よく(ランナーズハイならぬチャンバラーズハイ?)、すっかりチャンバラごっこにハマってしまいました。

本気でやると疲れて30分も持ちません。お互いに。体は疲れ、心はスッキリ。最近たろうとの衝突がなく家庭平和なのはチャンバラのおかげかもしれぬ。

思えば、昔はもっとたろうとマジ遊びいっぱいしてたのに、育児もマンネリ化してくると、子どもから逃げよう逃げようとばかりしていました。

本読みながら「お母ちゃん、見て見て!」の声に生返事。まめの泣き声に、駆けつけていくこともなく、「またかよっ」とため息。

こどもが一人遊びしている、または兄弟で盛り上がっている、あるいは寝ている、そういう隙に、ここぞとばかり自分の世界で本読んだり用事したり絵描いたりしようと必死になって、自分の世界が中断されるとイライラ。

だけど、子どもが小さい時期はわずかで、一緒に遊べるときは短い。そして、たろうが生まれたときから、自分にとって、育児以上にやりがいのある仕事はない、ということはもうはっきりと実感しているわけでして、初心忘るべからず。最近はこどもたちとのマジ遊びブームが戻ってきています。(しかしこのブームいつまで続くだろうか。。。)
[PR]
# by mizu-kusa | 2011-09-22 15:44 | 母は思った

威勢のいいすー

f0041773_115718100.jpg

こないだまで「かーかん(お母ちゃん)」と呼んでくれていたのに、ある日突然はっきりきっぱりと「おかあ!」と呼ぶようになりまして(涙)。たろまめの影響かと思われるのですが、どこにいようと音量は階段の下から2階に向けて呼ぶ大きさでして(涙)。しかも、声のトーンがイライラたろうが私を呼ぶときのようなキツさでして(涙)。母は悲しい。

ところで、ずっと面倒くさくて紙オムツでほったらかしだったのですが、最近また暑くなってきたので、今朝は気まぐれにおむつなしにしてみました。パンツだけはかせたら、鼻水垂らしてるのに、頑にノースリーブも着てくれず、金太郎のような髪型で、パンイチ。そんなすずと、思わず相撲をとって遊んでしまいました。

8時から10時半までパンイチで粗相2回(うち一回は+ウンチ)、トイレで一回。補助便座に座らせると、おしっこを出そうとしてすずのぷくぷくのお腹がくっくっと何度か引っ込みます。出ても出なくても、それを見たら褒めてやりたい。

そして、パンツのままお昼寝に突入。12時現在爆睡中。おねしょしてもこの暑さ、布団干せばあっちゅうまに乾くでしょう。

まだ親も元気な朝凉(あさすず)に、すーちゃん抱っこでまめを送りに出た帰り、しっとりぷっくりノースリーブのすずの腕が、しっかりと柔らかく私の体に巻き付いてくる。そのふわふわの腕の感触を楽しみながら、ぽてぽて歩く朝のひとときが、最近の至福の時間でございます。
[PR]
# by mizu-kusa | 2011-09-14 12:15 | おむつなし育児

おなら語

f0041773_13155638.jpg

ちなみに、夫は「たろう、3、2、1って言ってみぃ」と言い、たろうが「?  3、2、1」と言うと「ブッ!」とおならをするというおなら芸を持っています。あ、ばらしちゃった。夫のイメージが。。。
[PR]
# by mizu-kusa | 2011-09-13 13:19 | ほっこり育児