母乳育児は経済的か

f0041773_1541525.jpg

ミルク代がかからないので、母乳育児は経済的だと思われがちですが、私のようにトラブルが多いおっぱいの場合、あながちそうとも言えません。

私の母乳育児の友と言えば、ピュアレーンです。これは、乳首が痛いときの塗り薬です。ラノリン(羊の油)100%で、赤ん坊が舐めても大丈夫。馬油でももちろんいいのですが、私はこっちの方が好きでした。授乳の度に、乳首をやすりで削られるかのような痛みがあり、血豆や水ぶくれに悩まされていた最初の3ヶ月はもちろん、その後数ヶ月もこれが手放せませんでした。ふだんはポッケにしのばせ、寝るときは枕元に置いて、授乳が終わると即ぬりぬり。

助産婦さんの話では、乳首を乾燥させると痛くなりやすいそうです。唇をリップクリームで保護するのと同じですな。舐めても大丈夫なので、授乳の前にふきとる必要はありません。しかし、これが高いのです。一体何本使ったことか。

乳腺炎も何回かやりましたので、乳房マッサージ代(だいたい一回3000円)もかかりました。マッサージに行くたびに、このお金でミルク買えるよなぁと思っていました。

つまり、母乳は人によりメンテナンス代がかかるということです。でも、飲み残しを捨てなきゃならないミルクのもったいなさに比べれば、まぁまだいいかなと思う次第であります。
[PR]
by mizu-kusa | 2006-03-07 16:41 | おっぱい育児
<< 花を植える 安上がり >>