助産師Mさん

f0041773_21441775.jpg

「最後まで」というのは、つまり子供から自然に乳離れするまで、という意味です。もうすぐ2歳になるたろう。気がつけば、同じ年頃でおっぱい飲んでる子はもう周りにいないんです。

自然卒乳を目指すママ友がいない中、今さら白班やらしこりやらというおっぱいトラブルを抱え、「自然卒乳なんて考え方、やめた方がいいのかな。みんな断乳して、その後も順調なんだし」と、おっぱいを続ける自信を失いかけていました。

だけど本心では、おっぱいやめたくなかったんですよね。「自然卒乳、いいじゃない」と誰かに後押ししてほしかったんだなぁ、と助産師のMさんの言葉を聞いて気づきました。

彼女の話では、自然に乳離れするのはだいたい2〜3歳が多いそうで、当然気が弱かったり、甘えん坊の子は遅くなる傾向にあるんだそうです。「私の知ってる人で、最長は6歳までっていう人がいましたよ」とMさん。最近自然卒乳派の人は増えているんだそうです。

ついでに、妊娠しても、流産の傾向がなければ授乳は続けていいそうです。ただ、本能的にお腹の赤ちゃんを守ろうとするので、妊娠前のように積極的に授乳したいという気にならない場合が多いとか。
[PR]
by mizu-kusa | 2006-08-28 22:12 | おっぱい育児
<< 乳口炎(白班)になったら よんでみよう >>